年に1度の畳表の品評会を見に熊本県まで見に行きました。

産地問屋さんの研修で熊本に行ってきました。
今回、当店でお客様に提供している農家さんの所に行くのも目的でした。
内川さん(黄色いシャツ)の畳表は、肉厚が有り当店でもお勧めの畳表です。
話を伺うと、奥様と2人でイ草の苗を機械ではなく手で植え付けて育てるそうです。
製織機で織り上げる際は、イ草の本数を多めになるように設定されているので
肉厚のある畳表が出来上がると、お話をされていました。
イ草1本1本が充実されていないと出来ない作業です。
とても勉強になりました。
とても快く対応して頂きまして感謝しています。ありがとうございます。

更に楽しみだったのが、農家さんの橋口さんに会うことでした。
品評会に行くと、農林水産大臣賞と一番の畳表と表彰されていました。
色々な方と話をされていたので、ほとんど話すことは出来ませんでしたが
一緒に写真を撮ることが出来ました。
奥様は、いらっしゃらなかったですがこの場を借りて、またお目にかかるのを
楽しみにしています。

掘りコタツ部分にベニヤ板で補強

新しい畳を納品させて頂きました。
掘りコタツ部分の中央部分が、1本の木で支えています。
その為、畳を納めると畳が下がってしまいます。
黒色の竹炭紙を付けたベニヤ板(5,5㎜厚)を自分が作成して
そこに入れる畳も5㎜薄めの畳を納めることにより廻りの畳と
同じ高さになるように作成しました。

踏んだ時、安定していて満足です。